西伊豆 カサゴぶっこみ釣り



久しぶりに西伊豆へ出かけてきました。
メインは戸田海岸でカサゴのぶっこみ釣りを、置き竿でのんびりと富士山を眺めながら、岩の上でごろ寝しながら当たりを待つ・・・というものぐさな自分にはピッタリの釣り。
時間があれば、松崎の池代川(那賀川)あたりでアマゴを狙って、ニューロッドの入魂をと・・・。

結果は、今回もアマゴは空振りで、いまだ解禁を迎えられず。
ぶっこみ釣りは、20cmから27cmのカサゴ3尾とクロソイ1尾、それに外道で60cmほどのウツボが1尾。

heda1504a.jpg

heda1504c.jpg

松崎では、もう一つの伊豆行きの目的だった、「田んぼをつかった花畑」へ
この時期は、3月から咲き始めたアフリカキンセンカの開花は終わってしまっていたので、見渡す限りオレンジ色の花畑の風景を見ることはできませんでした。
やはり、3月に来ないとダメでした。

matuzaki1504a.jpg

matuzaki1504b.jpg

matuzaki1504c.jpg
スポンサーサイト



2015年 伊豆・ファーストステージ



2015年ファーストステージに、河津川へ出撃しました。
桜は、満開の時期を若干過ぎていましたが、まだまだ見頃の状態で、一足早い春を観ることができました。

肝心の釣果は、いつものとおり撃沈でしたが、最後に本流のプールで大型のアマゴが何尾もライズしているのを発見。
その中でも見た目40cmくらいはあろうかというやつが、やるき満々でライズ中。
ライズまでの距離20m。護岸があってバックキャストがとれず、ライズまで届かない。
対岸に回れば、バックキャストが取れて届くかもしれないけど、逆に気づかれて逃げられてしまう危険が大。

P1030602kawazu3.jpg

                                ▲▼真ん中でライズしているやつです

P1030602kawazu.jpg

急きょ、たまたま同じ日に河津に来ていたYMDさんを携帯で呼び出して、二人でライズを護岸の上から観察。
指をくわえて見てるしかないかと諦めかけましたが、ロングキャストできる護岸の上からYMDさんがキャストを開始。
3投目でみごとにヒット。
あわてて自分が護岸下に駆け下りてランディング体制に入り、もう少しでネットインというところでフックアウト。
遠目に見た目ほど大きくはなかったですが間違いなく尺クラスだったので、掛けたYMDさんに思わず拍手するほど、とてもエキサイティングなシーンでした。

写真▼は自分ではなく、YMDさんが釣ったアマゴです(笑)

CA3I0129.jpg

2014伊豆ラストステージ 惨敗

P1030450b.jpg

2014年の渓流の締めくくりで、毎年恒例の伊豆・河津川に出かけてきました。
有終の美を飾るべく、奮闘?しましたが、あえなく撃沈。
これまで解禁日のボは何度も経験していますが、最終釣行ではこれまでほとんどなかったボで2014年を終了してしまいました。
原因はポイントへの入渓が朝一ではなかったので、先行者があったせいかもしれませんが、一番の原因は「やる気」のなさですかね?
朝一に入渓しなかったこと自体がそれを現しているともいえますが・・・

支流の佐ガ野川と荻乃入川の2本に入渓しましたが、まったく魚の反応がなく、この日は型を見るまで貪欲に攻める気力もあまりなかったので、まだ陽のあるうちに終了。

気分を変えて、西伊豆・松崎へ移動。
もうピークのシーズンは終わっているはずのメッキを狙ってみました。
予想通り、メッキの追ってくる姿も見えず、ダメかと諦めかけたところで、いきなりヒット!

P1030446b.jpg

結局この1尾のみのヒットでしたが、20cmの良型ギンガメくんが救ってくれました。

P1030466b.jpg

今回は、極貧の釣果に終わってしまいましたが、久しぶりに大好きな松崎の街と海を見ることができたので、それだけで十分満足できました。

2014年 渓流解禁



2014年の渓流解禁は、毎年恒例の東伊豆・河津川でスタート

今年の河津桜の開花は、遅れ気味だったので満開から散り始めで、高度のある上流部の桜は7部咲きといったところでした

今回は、前日から河津に入っていたYさん、Kさんの2人と、昨年7月以来の同行
前々日が強い雨だったので、前日は増水で全くフライでは釣りにならず、Kさんが餌釣りでアマゴ4尾で、Yさんは苦戦
今日も、水量はまだ多く増水ぎみで、最初に入渓した支流の佐ガ野川の水量をひと目見て、フライで釣ることを断念し、ルアータックルを選択

P1020653kawa.jpg

釣り始めと同時に、雪も舞い始め、増水に加えて、水温低下で厳しい釣りが予想される状況の中で
やまめ宿下から釣り下がり、佐ガ野オートキャンプ場までの間で幸運にも18cmのアマゴを2尾キャッチ
なんとかボウズは脱出

P1020692kawa.jpg

早めの昼食を取って、午後一番は上流部の支流・荻乃入川へ
餌釣り、ルアー、フライの3人3様で釣るも、Kさんのみ釣果ありで、増水の状況下では軍配はやはり餌釣りに

早めに、荻乃入川を脱渓し、増水の影響の少なそうな大鍋川に移動
ここで、この日初めて、タックルをフライに替えて釣りはじめましたが、どんどん濁りが入ってきたので、フライを諦め、再びルアータックルに
濁りの中でも魚にルアーを見つけてもらえるよう目立つ黒赤金カラーにした選択が当たって、この日の最大21cmがヒット

P1020712kawa.jpg

その後、大鍋川の下流部に再入渓しましたが、反応なく、ここで納竿
解禁直後の釣行で、いい思いをした経験が少ないので、3尾の型を見られたことで、十分満足の釣行となりました
増水の中、Yさんがフライで苦戦していたので、自分もフライを選択していたら間違いなくボウスだったでしょう
気分的には、フライで釣ることから逃げてズルした感は否めませんが(笑)、次は、フライで必ず・・・

P1020684kawa.jpg

P1020679kawa.jpg

根魚



渓流解禁まであと少し
久しぶりに伊豆に出かけたくなって行ってきました

向かったのは伊豆の戸田
途中、戸田峠に近い達磨山からの富士の眺めが最高でした

今回のメインは根魚(カサゴ・メバル)
エサ釣りは、キス釣りくらいしかあまりやらなかったんですが、根魚のエサ釣りに初めて挑戦してみました

シンカーを着けた胴付き仕掛けに、スーパーで買った生の小イカを付けて岸からキャストするぶっこみ釣り
そんなに簡単に釣れないだろうと思っていたら、なんと1投目で当たり
合わせを入れてリールを巻こうとしたら、魚が根に入って一度は根がかり状態になりましたが、根から出るのを少し待って寄せたところ、幸先良く22cmのカサゴが釣れてくれました

P1030137gasira.jpg

これは、数釣りができるかもと色気を出しましたが、その後すぐに、最初の1尾より大きな当たりがあって、近くまで寄せたところでバラシた後は、当たりもほとんどなくなり、根がかりの仕掛けロストの連続で、手持ちのシンカーを使い果たしてあえなく終了
結局最初の1尾のみという貧果に終わってしまいました

せめて家族が食べる分くらいは釣りたかったんですが次回にリベンジです
ただ、世界文化遺産の富士山をバックに竿先を見ながら、普段やらない、のんびり待ちの釣りも悪くないなぁと思いました

P1030148fuji.jpg

Profile

iwana-freak

Author:iwana-freak
----------------------
釣りに行ければ・・・

一生幸福でいたかったら
釣りを覚えなさい
----------------------
Copyright ©
iwana-freak 2013-2016
All rights reserved
Since 2013.3.3

Calender

Since 2013.3.3

Category

Tag words

Recent Entries

Album

Recent Comment

Trackback

We are enjoying escudo

my ESCUDO TA11-W

L i n k s

Sarch

RSS

QRコード

QR
Copyright © iwana-freak