千曲 再釣行2日目

P1040203b.jpg

千曲2日目は、まず朝一番に今回の千曲釣行のもうひとつも目的でもあった蓮華躑躅(レンゲツツジ)を見たくて、廻り目平入り口へ
時期としては絶好のタイミングで、ちょうど満開を迎えていて、見渡す限りオレンジ色の花を咲かせる蓮華躑躅の大群生は圧巻でした

蓮華躑躅を十分堪能した後、前日も入渓した金峰山川の大堰堤上流部へまず入渓
前日のように第1投からヒットとはいきませんでしたが、いつもはあまり出ないポイントで23cmの良型をまずキャッチ
アントフライがマッチしていることを確信して、前回は途中で脱渓したポイントからさらに上流へ

P1040214b.jpg

少し本流筋から外れた竿抜けポイントで、2尾目がヒット
最初はそれほど大きくないかなと思っていたのが寄せてくると意外に大きい!
結果、ランディングしたのは少し痩せた9寸イワナ

P1040223b.jpg

その後、さらに上流へ遡行
いつもはなかなかヒットしないおおきなプールのポイントで22cmを追加し、結局、久しぶりに北沓橋まで走行
ここで、脱渓するつもりでしたが、鹿よけ柵から出られず、更に上流の橋まで遡行を継続
途中で、15cmのチビを追加して橋から脱渓

P1040234b.jpg

昼食後は、場所を変えて、金峰山川隣の支流の梓川へ移動
町田市自然休暇村下の堰堤上から入渓しましたが魚影は見えどもノーヒット

梓川を早々に諦め、再び金峰山川に戻って川端下堰堤下流部に気分を変えてルアータックルで入渓
橋まで釣り下がって1尾バラした後、23cmをなんとか1尾だけキャッチしてルアーでのお遊び終了

最後に、前回爆釣した最下流部へ移動しましたが、この日はノーヒットで終了
釣りというのは、なかなか柳の下のどじょうというわけにはいかないですね
ただ、ここ数年なかなか釣果に恵まれなかった大堰堤上流部で好釣果に恵まれたのは今回の収穫でした

さて、次は夏本番の渓へ
スポンサーサイト



千曲 再釣行

P1040184b.jpg

GW直前に夕まずめの短時間で尺イワナを連発した、柳の下のどじょうを狙って、再釣行

いつもの通り、午前中横浜での仕事を終えて、昼過ぎに出発
昔は深夜でないと2時間で到着できなかったのが、圏央道の開通で日中でも2時間で行けるようになった

まずは、いつもの金峰山川の大堰堤上に入渓
直後の最初のポイントの1投目であっさり1尾目(20cm)がヒット

P1040188b.jpg

その後が続かず、前回のイブニングポイントへ移動
前回と比べてライズはほとんどなくヒットなし
すこし上流のポイントに移動し、水深の少しある瀬で1尾(22cm)を追加
更に上流の、前回尺超えをキャッチしたプールでも反応なく納竿

P1040190b.jpg

P1040194b.jpg

2日目に続く

2016年 初千曲



地元の小渓で貧課だった3月の解禁から50日以上どこにも行けず、ようやくGW前に長野へ出撃。

午前中の横浜の仕事を終えて、昼過ぎに出発、木曽へ向かう途中で千曲川へ寄り道。
15時に金峰山川へ到着して、まずは大堰堤上流部へ入渓。昨年と少し渓相が変わってポイントが絞りづらくなっていていましたが、最初に本流筋から外れたポイントで、岩陰から尺クラスのイワナがフライを追ってくるも食わせられず。その後、魚の反応がなく、残り時間が少なくなってきたので、最初のポイントの近くに戻ったところで、別の尺クラスを見つけたが、ここでもフライを追ってくるも食わせきれず、無念。

5時を過ぎて、イブニング狙いで下流部へ移動。
入渓直後のポイントではすでにイブニングライズが始まっていて、20cmクラスのヤマメの入れ食い。5,6尾釣ったところで、日没間際に上流のポイントの大きなプールへ移動。
ここでも散発のライズが始まっていましたが、フライがマッチしていないのかなかなかヒットせず。
諦めかけたそのとき、小さなライズを狙ってキャストした12番にサイズアップしたフライにようやくヒット。
ライズも小さく、フッキング直後の引きも弱かったのに、寄せ始めたとたん引きが強くなって大きな魚体がギラリと反転。
上がってきたのは31cmの尺上イワナ。千曲川では昨年は28cm止まりで、尺イワナは4年ぶり。

P1040130b.jpg

P1040133b.jpg

IMG_0168b.jpg

その後も散発のライズは続いていましたが、ヒットせず。日没後、最初のヤマメの入れ食いポイントに戻って、今度はサイズアップしたフライで流したところ、最初はヤマメのヒットかと思いきや、先ほどと同様に、寄せ始めると引きが強くなって、ランディングしたのは30cmジャストのイワナ。

P1040151f.jpg

1日で2尾の尺イワナは初めてで、しかもわずか30分ほどの間に2尾とは。
寄り道で立ち寄ってこんな釣果の日もあるんですね!
ひょっとして今年の釣り運を使い果たしたかも(笑)

納竿後は、千曲を後にして木曽へ向かいました。
つづく・・・

1年ぶりの千曲



ほぼ1年ぶりに千曲川に出撃しました。
本当は仕事でしたが、台風の影響で中止になったので、急遽、昼前からの出撃になりました。
11時に出発して、13時には到着。圏央道が開通して2時間で川上村に行けるようになりました。

日没まで正味6時間の短時間勝負。
まずは、金峰山川の大堰堤上流へ入渓。台堰堤上のプールのインレットに工事が入って渓相はすっかり昔の面影がなくなっています。
それより上流部も昨年からまた渓相が変わっていて魚の居つくポイントがまた少なくなっていたので早々に切り上げ、川端下橋の上下付近に移動するも、車3台の先行者ありで、隣の梓川にさらに移動。

これが大当たりで、たくさん魚影が確認できましたが、食わせ損ねとバラシが続いて1尾目がなかなか出ず。
町田市自然休暇村下でようやく23cmと22cmを連続キャッチ。
残り時間がわずかになったのでイワナ橋で脱渓。

150715azs1.jpg

イブニング狙いで、再度金峰山川の最下流部へ移動。
ライズはほとんど見られませんでしたが、出そうな気配は濃厚。
まず入渓直後に太った25cmがヒット。
日没間近になって、視認性の良い#12のパラシュートフライにチェンジしましたが、1度だけ尺前後が浮上してきてユーターン。
その後も全く反応がないので、フライをピーコックのアントパラシュートに戻して、先ほどの尺前後のイワナが浮上してきたところを再度流したところ、28cmがヒット。
まるまると太った、立派な尾鰭をもったイワナで、プールの中でのヒットだったので久々に引きを楽しむことができました。

150715knp2.jpg

150715knp4.jpg

残念ながら待望の尺イワナには2cm届かずでしたが、5月に木曽で釣った痩せた尺イワナと比べて、釣り味ははるかに上でした。

長野出撃 金峰山川編



ようやく今年初めての長野出撃
目的地は、木曽川支流・阿寺川

午前中の仕事を終えてからの出発だったので、夕まずめを狙うために、少し手前の千曲川支流・金峰山川へ2時間の勝負

最初に大堰堤上に入渓
堰堤上のインレットは、大規模な工事が入っていて、写真上のような状態
そして、その上流部は、数年前に大きく渓相が変わって、魚の居つくポイントがほとんどなくなってしまいましたが、この1年でさらに渓相が大きく変化
流れのスジも大きく変わり、今度は魚の居つく場所があちこち増えていて、いい感じになっていました
魚影もそこそこあり、なんとかイワナ1尾(21cm)をキャッチ

P1030294b.jpg

残り1時間となって、最下流部へ移動
このポイントも大きく渓相が変わって、大きなトロ瀬ができていて、そこにライズがぽつぽつ
サイズこそ、アベレージ20cm前後のイワナでしたが、1時間ほどで5尾ヒット

P1030299b.jpg

P1030304b.jpg

久しぶりに、入れ食いに近いイブニングライズに遭遇しました
願わくば、もうちょっとサイズアップがほしかった・・・

納竿後は、そのまま木曽方面へ移動
阿寺川、今年初釣行へ つづく~う

Profile

iwana-freak

Author:iwana-freak
----------------------
釣りに行ければ・・・

一生幸福でいたかったら
釣りを覚えなさい
----------------------
Copyright ©
iwana-freak 2013-2016
All rights reserved
Since 2013.3.3

Calender

Since 2013.3.3

Category

Tag words

Recent Entries

Album

Recent Comment

Trackback

We are enjoying escudo

my ESCUDO TA11-W

L i n k s

Sarch

RSS

QRコード

QR
Copyright © iwana-freak