2018年 木曽ファーストステージ

IMG_1114b.jpg

2018年 木曽初釣行。
本流から支流の林道に入る入口に「熊出没注意」の大きな看板。アララ!

7時にタックルを準備してキャンプ場から林道歩き。
前日の千曲釣行の疲れもあるので、林道歩きはそこそこに、まずは2号橋上流から入渓。
いつもは、必ず1~3尾は釣れる本流から外れたポイントに今回は魚影がまったくなし。

そのまま釣り上がるも、なかなか反応がない。

IMG_1111b.jpg

2時間ほど釣り上がったところで、流心脇のプールで数か所のライズといいサイズの魚影を発見。
数投したところで、いいサイズのイワナがいなくなってしまったので、休憩を兼ねてしばらく待っていると、プールの岸際で小さなライズ。
食っても小さいだろうと思って1投目、あっさりヒットしたところ、予想外の大きな引き。
直後、魚体が見えたところでチビではないことに気づいて、大物の引きに耐えながらランディング。
ネットに収まったイワナは、もしかして尺あるかも・・・計測したところ30cmジャスト。
思わぬ尺イワナに、大喜び。泣き尺サイズじゃなくてよかった!

IMG_1089b.jpg

IMG_1108b.jpg

IMG_1107b.jpg

IMG_1109b.jpg

気を良くして、その後も釣りあがるも、魚影が薄いのか、なかなか反応がなく、昼過ぎに脱渓。
林道を下って、キャンプ場に戻り、いつもはあまり入渓しない下流域に入渓。

ここでも、あまり反応がなく、20cmのイワナを1尾追加できただけで終了。

IMG_1106b.jpg

前日の疲れもあり、尺イワナの釣果もあったことで、15時前に納竿。
あてら荘の温泉に浸かった後、手打ちそばおんたけで、ざるそば大盛と大海老天ぷら2尾を堪能して、2日間の長野釣行を終了。

IMG_1117b.jpg
スポンサーサイト



阿寺川 2017年初釣行

IMG_0597b.jpg

ようやく今年初めて阿寺川へ。
いつもの第2号橋上から最初に入渓しましたが、いつも釣果のあるポイントでボウズ。釣れる気がまったくしなくなったので、2時間ほどで、思い切ってこれまで未踏の最上流部へ。

IMG_0600b.jpg

1時間ほど林道を歩いて、これまでの脱渓地点の最上流部まで上がって、そこから再入渓。
最初は、渋い状況がつづきましたが、なんとか20cmのチビイワナを2尾キャッチ。
アントやいくつかフライを試してみましたが、ロイヤルコーチマンパラシュートに変えてから、反応が出始めて、22cm~25cmの久しぶりのヤマトイワナを含めてなんとか型をみることができました。

P1040292b.jpg

P1040296b.jpg

P1040303b.jpg

P1040305b.jpg

P1040302b.jpg

IMG_0615b.jpg

P1040310b.jpg

脱渓後、林道を戻って最後に、キャンプ場上のプールでのライズを狙ったところ、22cmのヤマトイワナをキャッチして納竿。
林道歩きに往復4時間、遡行に6時間。体力の限界を超えて、足のイタミと疲労困憊でキャンプ場に戻りましたが、気持ち良い疲れでした。

IMG_0618b.jpg

2016 木曽ラストステージ

IMG_0331.jpg

台風と秋雨前線の天候が続き、なかなか渓流に出かけることができないまま、よやく晴れの天気予報が出て3か月ぶりに長野に出撃しました。
禁漁4日前のラストステージ。尺イワナに会えることを期待しましたが、例のごとく、尺クラスが1尾フッキングしましたが、針かかりが甘く直後にフックアウトで天を仰ぎました。

中流部で10年ぶり?くらいで3度目のクマとの遭遇。距離20mで同時にお互いに気づき、こちらが1歩後ずさりしたところで、向こうも逃げていきました。
この日は、その直後に、写真上のようなニホンカモシカさんにも距離20mで遭遇。彼はこちらに気づかず、悠然と川を歩いていかれました。
さずが木曽の川、もののけたちにたくさん出会います。

IMG_0328.jpg

林道を歩いている途中、バイクに乗ったフライマン2人が「堰堤上に入る」と言って追い越していきました。こちらは歩きで、堰堤までは1時間以上。自転車で林道の通行は禁止されていると聞いたことがありますがどうなんでしょうね?
30分ほど林道を歩いていつもの2号橋の上から入渓。
入渓直後に、25cm、22cm、20cmのイワナ3尾をキャッチ。ボウズを回避できたので後は気楽に。

IMG_0316.jpg

きれいなグリーンバックのタナビラ↓

IMG_0324.jpg

IMG_0340.jpg

IMG_0342.jpg

IMG_0336.jpg

この渓はイワナとタナビラの混生ですが、いつもは、イワナばかりで、なかなかタナビラが出てくれませんが、この日は雨後の増水のせいでか、タナビラの反応が良く、最後に22cmの良型のタナビラが出てくれました。
結果は17cm~25cmのイワナとタナビラで計8尾とまずまずで、バラシた尺クラスが取れていれば言うことなしでした。

IMG_0347.jpg

          **********  お知らせ   **********

夕方、キャンプ場ゲートの100mほど上流付近で、ネットの落とし物を拾いました。
心当たりのある方は、お預かりしていますのでコメントからご連絡ください。

IMG_0350b

2016年 初木曽

IMG_0178f.jpg

前日の千曲川から木曽に向かい、コンビニの駐車場で仮眠の後、阿寺川へ。
6時過ぎに林道歩きを開始して、いつものポイントから入渓。
最初の本流脇のポイントで20cmのイワナをまず1尾。すぐ上のポイントでも同サイズを1尾追加。

P1040153b.jpg

IMG_0185b.jpg

IMG_0175f.jpg

その後、本流筋を釣りあがるも、魚影がなかなか見えず、反応もわずか。
いつも実績のあるポイントでも反応がなく、早々と脱渓して上流部へ移動。
途中25cmクラスをフッキングミスした直後、ようやく3尾目をキャッチしたのが、お腹のオレンジ色の鮮やかなイワナ。
お腹のオレンジ色のイワナは時々見かけますが、脂鰭までオレンジ色をしたイワナは初めて。

P1040162f.jpg

P1040176f.jpg

P1040170f.jpg

釣りはじめから3時間ほどたったあたりで、半年振りの川歩きのせいか、足に来てバテバテ状態に。
林道の見えるポイントでコーヒーを沸かして大休止していると、林道をクマ鈴を鳴らしながら上流に向かって一人の釣り人が上がっていったので、結局それより上流部を諦めてキャンプ場まで戻ることに。
キャンプ場まで戻る林道歩きでさらに疲れが出て、釣欲もなくなってしまって結局そこで納竿。
二日連続の尺イワナとはなりませんでしたが、7ヶ月振りの阿寺川を堪能することができました。
よく考えれば、元気が出なかったのは前日の千曲の尺イワナ2尾で釣欲が減衰してしまったようです(笑)

2015年 阿寺川ラストステージ



今シーズン、2回目でおそらくラストステージになるだろう木曽・阿寺川へ。

朝6時にキャンプ場へ到着。すでに駐車場に車が3台。
先行者のあることを考え、まずはボウズ脱出の保険のつもりで、いつもの下流部の分流のあるポイントから入渓。
不用意に近づきすぎて尺近いイワナを含めて何尾か走られながら、なんとか20cmクラスを2尾。
分流のあるポイントからしばらく遡行。これまでに実績の多いポイントでもう1尾追加。

P1030863b.jpg

早めに一旦脱渓して、林道を歩いて上流のポイントへ。
先行者がどこに入渓しているのか見当がつかず、頑張って林道を歩いて最上流部へ行ってみたかったが、そこで先行者とバッティングすると林道歩きの疲れがどっと出そうなので今回は諦めて中流部へ入渓。
魚影はそこそこあって、先行者が入っている様子はありませんでしたが、食わせそこねや直前ユーターンが多く、思うように釣果があがらず3尾を追加したのみで、3時前に脱渓。

P1030877fb.jpg

P1030890b.jpg

ゆっくり林道をもどって、朝に入渓した分流のポイントに再入渓して、今度は走られないように慎重に近づいて1尾追加。
最後にキャンプ場近くで再入渓。
この日初めて18cmほどのタナビラを1尾追加した後、流速のある流心の深いところからいきなり40cm近いやつがアタックするも、フッキングせず、思わずのけ反る。
直後にその流心脇で25cmの良型イワナが出たところで納竿。

それにしても、最後のあの尺上イワナを釣りたかった!!

P1030899b.jpg

P1030903fb.jpg

P1030912b.jpg

Profile

iwana-freak

Author:iwana-freak
----------------------
釣りに行ければ・・・

一生幸福でいたかったら
釣りを覚えなさい
----------------------
Copyright ©
iwana-freak 2013-2016
All rights reserved
Since 2013.3.3

Calender

Since 2013.3.3

Category

Tag words

Recent Entries

Album

Recent Comment

Trackback

We are enjoying escudo

my ESCUDO TA11-W

L i n k s

Sarch

RSS

QRコード

QR
Copyright © iwana-freak