千曲川支流 金峰山川

kinposan0901.jpg

長野県中央東部に位置し、山梨県北部との県境にある日本百名山のひとつ、奥秩父の名峰・金峰山に連なる大弛峠などを源頭に北流し千曲川本流(最上流部)と合流する。
金峰山は山梨県側の呼び名を「きんぷさん」、長野県側の呼び名を「きんぽうさん」と呼び名が違う。登山家は「きんぷさん」と呼び、「きんぽうさん」とは呼ばない。

千曲川本流の合流点から中流部にある東股沢と西股沢の分岐までが約6km。
東股沢と西股沢がそれぞれ源流部まで数kmの流程。
標高は本流との合流点で1250m、東股・西股分岐で1450m、西股沢源流で1900m~2000m。
上流部は山岳渓流となるが、下流部は民家の脇を流れる里川の渓相。
本流合流点から約5kmほどの中流部にある大堰堤の下流と上流で渓相は大きく変化する。
大堰堤の下流部は比較的小さめな赤茶系の底石なのに対して、上流部は大きめな白色系の花崗岩の底石で、透明度が高いため白い底石に太陽光線が反射してエメラルドグリーンの他でなかなか見られない群を抜いた美しい渓相となっている。
底石の白い上流部に棲むイワナは、体色も白っぽく中にはグリーンバックの美しいものも少なくない。

金峰山川に頻回に通う理由は、この上流部の渓相とそこに棲む美しいイワナ。
もうひとつは、長野県の高地を流れるため、猛暑の夏でも気温は25℃から30℃弱と低く、快適に釣り上がることが出来るのも大きな魅力である。
難点は魚影が薄いことと、水の透明度が高いため魚のプレッシャーが高く未熟な腕ではなかなか数釣りは難しい。

お気に入りの川でしたが、2011年の台風で渓相が大きく変わり、水深も全体的に浅くなって、魚の居つくポイントが少なくなってしまいました。渓相の回復まで何年かかかりそうです。


 南佐久南部漁業協同組合
 長野県南佐久郡小海町大字小海3981-1         《 金峰山川 Map 》 
 TEL 0267-92-2167
 解禁期間 2月16日~9月30日
 日釣券 ¥1570 年券 ¥8400


 2012年1月~12月 放流実績
  イワナ 稚魚 60,000尾、成魚 3,500kg
  ヤマメ 稚魚 50,000尾、成魚   800kg
 漁協管轄主要河川
  千曲川本流(小海町~川上村)、梓川、金峰山川、南相木川、北相木川、大石川 他

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://iwanafreak.blog.fc2.com/tb.php/17-7a303c83
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Profile

iwana-freak

Author:iwana-freak
----------------------
釣りに行ければ・・・

一生幸福でいたかったら
釣りを覚えなさい
----------------------
Copyright ©
iwana-freak 2013-2016
All rights reserved
Since 2013.3.3

Calender

Since 2013.3.3

Category

Tag words

Recent Entries

Album

Recent Comment

Trackback

We are enjoying escudo

my ESCUDO TA11-W

L i n k s

Sarch

RSS

QRコード

QR
Copyright © iwana-freak